ワーママが副業をきっかけにフリーランスを目指す!

2019年4月10日

私は2児の子供を育てる正社員のワーママです。

私は仕事で嫌な思いをしてから、いろいろと人生について考えるようになりました。

 

今の会社に10年つとめて、それなりにキャリアも積んできました。

でも誰かに雇われて仕事をしている限り、自分の力ではどうにもできないことがあるんです。

 

そう気がづいた今「ブログでフリーランス」になることを決意しました。

 

ワーママが副業をきっかけになぜフリーランスを目指すのか?

パソコンの前にメモ帳

なぜ私がフリーランスを目指しているのかというと、無能な上司から解放されたかったからです。

もうこれにつきます。

 

今までTwitterやブログに出会うまでは、こんなこと全く思いませんでした。

 

上司に従って、上司の言うとおりにしていれば昇進できる。さらに言われたことよりも一回りも二回りも先回りして成果をだせば、同僚の中でも飛びぬけて昇進できる。

 

そう思っていました。

 

でもそれは、間違っていたのです。

 

いくら上司の指示通りに動いても、指示を上回る成果を出しても上司が無能だったらいつまでたっても昇進はできないのです。

もし上司が情に厚く経営者と近いところにいたら、それはラッキー。すぐにとんとん拍子で昇進できると思います。

 

でもそんなラッキー、そうそうありません。

 

では、この状況を何とかするにはどうするか?

 

私が出した答えは「フリーランスになって自分の思う通りに仕事をする」でした。

ワーママが副業をやるキッカケは無能上司が私の心に火をつけてくれた

私は、2人目の産休に入る前に悔しい思いをしました。

 

産休に入る前日に面談がありました。その時に子供がいない女性上司に言われたのです。

「あなたの目標、今回は目標を大きく上回って達成できたけど、ずるずると納期が遅れたのと、私への相談が全然なかったから達成度30%に下げるから

 

「当初の目標にしてた試験、レベル1級上の試験に合格したら120%の達成度にしてもいいって言ったけど、業務時間中に勉強したから達成度80%にするから

「もっと後輩への接し方、やり方あるよね。言い方がきついし管理もできてない。それができていればまだよかったのだけれど。そもそもあなたが出る幕なのに私が代理でやっていたの知ってる?」

 

めちゃくちゃじゃないですか?

 

納期が遅れたのは、取引先の都合で私のせいじゃない。

1000万円の予算のところを経費節減で100万円で達成したのにそこは全く酌んでくれない。

 

業務時間中に学習したのは、業務に関係のある資格で、早めに引継ぎを終わらせて時間を作ったから。

会社としても社員のスキルアップには協力的で、業務時間内の学習については推奨していたにもかかわらずです。

 

後輩の教育については、私の目標設定時に全く指示されていないこと。それをやらなかったから評価をさげるってどういうこと?

「私の出る幕」って自分が教育担当って認識もないから、いちいち後輩の仕事状況把握してないし。そりゃ毎朝二人でミーティングしてればその子が何で行き詰ってるかわかるでしょうよ。私にはわかりようのないことなのに。

 

そもそも後輩よりも10年先に入った短大卒の私と1年前に入った大卒の後輩がほぼ同じ給料って時点でなぜ私が教育をしなければならないの?

 

ブログではこのように理由を述べることができるのですが、直接その場で言い返すことができませんでした。

私は思っていることを頭の中でまとめることが苦手で、とっさにその場で言いたいことを言うことができません。

 

それが活かされるのがブログでした。

 

それまでブログとは日記を書くものだと思っていたのですが、情報を発信するものがブログだということを知りました。

もともと文章を考えることが得意だった私には、ぴったりな表現方法でした。

 

ワーママが副業を考えた理由。今の会社にこだわり続ける必要はない

電話をもって遠くを見る女性

それから育休にはいって、毎日悶々とした日々を過ごしていました。

上司から言われたことを考えれば考えるほど腹が立ってきて、さらに上の部長に訴えようとも思いました。

 

でも冷静に考えたらどうでしょうか。

何百人と大勢いる平社員の文句に誰が耳を傾けますか?

部長に言って評価が改善されますか?

その上司からの嫌がらせはなくなりますか?

どう考えても、現状より状況がよくなることは考えられませんでした。

 

そこから自分の仕事について考えるようになり、この会社で一生働き続けることがばからしくなってきました。

 

「こんな会社にこだわり続ける理由は何?」

そう考えたときにまず思い浮かぶのはお金のことでした。

 

私は家を半分自分の名義でローンを組んでしまったので、自力で2000万円返済しなければなりません。

 

お金がもらえるのは今ある会社だけではありませんよね。

転職すればいくらでも働き口はあります。

 

しかし子持ちの30代女性となるとまた話は別で、20代の若い男性が同じ求人に応募してきたらどうでしょうか?

間違いなく若い男性を取ります。

 

「子持ち=子供のことで休みがち」という認識があるため、私のように親と同居していて子供のけがや病気で休むことはないことをアピールしても企業は若い男性を取ります。

つまり、子持ち女性の転職活動は難しいことが予測できます。

 

だったら、今の会社のまま我慢をするしかないのです。

 

でもそれだけはもう嫌。

じゃあどうするか?といったところでブログで稼ぐにたどり着きました。

 

ワーママが副業を決意。ブログで稼ぐ感覚を知ったときにイケると思った

ブログの存在をしってから、実際に自分でイチから勉強しブログを立ち上げました。

最初は手探り状態で、記事も何を書けばいいのかわからないままとにかく記事を書きました。

 

それから出産という一大イベントがあり、いったんブログから遠ざかる時期がありました。

一回やめてしまうとブログ熱が冷めて、記事を作ることをやめてしまいました。

 

それからしばらくして、提携しているASPになんとなくログインしてみました。

するとどうでしょうか。5000円の売り上げがあがっていたのです。

 

「え、私の記事をみて買ってくれた人がいるの!?」

どれだけ飛んで跳ねて喜んだことでしょうか。

 

そこからトントン拍子に毎月1万円~3万円の収入が得られるようになったのです。

 

この感覚を覚えてしまった私は、ブログ熱が再燃しました。

それからたくさんのブログを読み漁り、月に数十万円稼いでいるブログをみてこれなら自分でもイケると思いました。

 

ワーママが副業なんてできるの?勉強と意地があれば誰でもできる

くろちゃん
くろちゃん
でもフリーランスになるのって、簡単じゃないよね。

 

はい。簡単にはなれません。

 

向上心と情報収集力、発信力がなければできません。

 

くろちゃん
くろちゃん
私にそんな能力ないし…。そんなことできるなんてすごい人だけだよ。

 

そんなことないです!

今はその能力が備わってなくても、勉強すれば必ず身に付きます。

つまり、誰でもフリーランスになることは可能だと思っています。

 

あとは、何が何でも自分でお金と幸せをつかんでやる!という意地があればなおよし!です。

 

自信がない人はTwitterで宣言してみてください。なんだか本当にやる気になってきます。

ワーママが副業をきっかけにフリーランスになればこんなメリットも

フリーランスになればこんなメリットもありますよ!

子供との時間をゆっくりすごせる

わが子の成長をこの目で見届けることができるとは、なんと素晴らしいことでしょうか。

子供の幼稚園や学校の行事も、上司や同僚の目を気にせずに心から楽しむことができます

 

幼いころの私の家は、母か祖母が必ず在宅していたので、学校から帰ると必ずだれかが「おかえり」と言ってくれていました。

私も子供に同じように「おかえり」と言ってあげたい。

 

そんなことも可能にしてくれるのがフリーランスですね!

 

自分の好きな時間に好きな場所で仕事できる

スタバでドヤ顔してMacBookでカタカタ… 夢じゃない!

在宅で仕事ができることも大きなメリットですが、何かの用事で外出しているときでもPCと通信環境さえあれば仕事ができてしまうのがいいところ。

ずっと家にいると息が詰まるので、環境を変えて仕事を楽しむことができますね。

 

ワーママが副業を目指すまとめ。なりたい職業を見つけることが大切

好きなことを仕事にできる喜びを知った今、私にはもうワクワクすることしかありません。

今の私は、フリーランスに転身して女性起業家になることが目標です。

頑張って勉強すれば必ずなりたい自分になれます。

 

今もし自分の生き方に困っている人は、インターネットでぜひ検索をしてみてください。Twitterで仲間に相談してみてください。

きっとなりたい自分が見つかるはずです。

 

あなたに合った生き方が見つかりますように。